ペニス海綿体の血流改善

5856987895_60eb47bfdc_b
ペニス海綿体の血流改善|勃起の仕組み

勃起とは、ペニスが硬くなって起つ生理現象のことです。

男性の陰茎の勃起中には、陰茎海綿体のほとんどが、血液で占められる。海綿体はペニスの主体となっているスポンジ状の組織であり、勃起時にはここに血液が送り込まれ、体積が膨張します。ペニスが勃起するのは、毛細血管の集まりであるペニス内部に血流が流れ込むからです。性的な刺激によって大脳が興奮すると、その興奮は脊髄を通って勃起中枢に伝わり、さらにペニスの陰茎海綿体の神経に届きます。すると、海綿体の中で「一酸化窒素」が放出されて血管や筋肉に作用し、「サイクリックGMP」という物質が増えます。

海綿体組織とは、血管が網の目のようにつながっていて、全体としてスポンジ状の構造になっている組織です。この網の目状の血管に血液が充満することによって、全体が膨張し、固くなります。実は、女性のクリトリスにも海綿体はあります。刺激によって大きくなる原理は男性のペニスと同じです。海綿体組織を成長させることで「通常時のペニスのサイズアップ」が、そして海綿体にキープできる血液量が増えることで「勃起時のペニスのサイズアップ」が可能になります。増大ポンプによる吸引力が加わると、海綿体細胞は風船のように膨らみます。この、通常より大きく膨らんだ状態の海綿体組織内に、より多くの血液が流れこむことで、普段より大きいサイズの勃起状態が形成されるのです。

ペニス海綿体の血流改善

・ペニスをトレーニングをする
勃起には、下半身の血流が大きく影響しています。トレーニングの主な内容は、PC筋を鍛えて勃起力を付ける事と、ペニスの海綿体を伸ばしたり、血液を多く流すよーなエクササイズをして海綿体を大きくすのが主な内容です。この他、早漏防止の効果も期待できます。ウォーキング、スクワット、ウォーキング、筋トレなどの軽めの運動、ストレッチを行い、血行を良くしましょう。

・ストレスを発散する
ストレスは自律神経の乱れを引き起こして、血流の悪化につながる。だから、ストレスはためないようにして、発散すること。そして十分な睡眠は大切です、不眠が続くとテストステロン値が下がります。テストステロンは寝ている間に作られるので、質の良い睡眠をしっかりとれるよう心がけましょう。

・適度な運動
運動不足による筋肉量の低下は、血行不良や代謝不良の要因です。そして、血流が要となる正常な勃起には血行不良・代謝不良は大敵!ウォーキングやスイミングのような、継続しやすい有酸素運動を習慣的に取り入れてみましょう。特に、水圧で適度に体全体に負荷をかけてくれるスイミングは、血行促進に有効とされています。

・食生活から血流を意識してみる
食事でも肉や魚といった血液を作る食材を摂取することが大切です。大豆製品を採り過ぎると、精液中の精子数が減少してしまうことがあります、そして大豆製品の過剰摂取は控えます。血液の流れをサラサラにするためには野菜で食物繊維を摂ったり海藻類でミネラルを摂取するということも重要になります。

・治療薬
血管の筋肉を緩めて血流量が多くなる働きがあります。ed薬の効果は陰茎の血管の平滑筋に働いって、ペニス海綿体に流れ込む血液を多くなることによって勃起を発生します。

ペニスに栄養補充サポート:シアリス効果の徹底説明Wiki